携帯SEOにお好きなワードを詰め放題!モバイルSEO福袋へようこそ!

モバイルSEOって?

5ワード10万円!お好きなワードをお選びください!

どんなワードでも5つのワードでお支払いの上限が10万円(税別)となる、革新的な料金プランでご提供します。
普通に1つずつ依頼すれば合計で50万円以上掛かっていたようなワードでも、たったの10万円。
たくさんのワードで上位に表示できれば、集客効果もアップ!貴社顧客になり得るユーザーを、取りこぼし無くサイトへ誘導しましょう。
1ワード増えるごとに、上限設定額がプラス2万円となります。
一部ワード(アダルト関連等)は上限が20万円となります。

お支払いに上限設定があるから安心!

通常、1ワード毎の料金を加算していくと高額になってしまいますが、モバイルSEO福袋ではお支払いの上限額が決まっているから安心。
1ヶ月の成果報酬額の合計がどんなに上がってしまっても、お支払いの上限は10万円。
お得で安心の料金プランとなっておりますので金額を気にせず、お好きなワードをご指定ください。

初期費用無料!安心の完全成果報酬型!

モバイルSEO福袋では、初期費用を無料とさせていただいております。
また、上位に表示されてから費用が発生する安心の完全成果報酬型となっております。
5ワードの成果報酬額の合計が月間10万円を超えた場合、10万円以上はご請求致しません。

複数ワードでSEOを行うメリット

1つしかキーワードが選べないとなると、どうしてもビッグキーワードを狙いがち。ところが実際ビッグなキーワードだけで上位に表示されても売上等に結びつかないケースも多いです。
例えば「ラーメン」で上げたとします。確かにラーメン屋としての認知は高まるかもしれませんが、ユーザーは全国各地から検索しているため実際の来店には繋がりにくいと言えるでしょう。

しかし、複数のワードを選べるのであれば、ビッグなキーワードを押さえつつ、エリア情報や個別のメニュー名など、よりセグメントされたワードも一緒に盛り込むことが出来るので、例えば「ブランディング」と「店舗への集客」で分けたり、より多くのワードで「集客に特化」したり、考え方によって使い分けることが出来ます。

さらに、多くのワードを散りばめることで検索エンジンからも「このサイトは情報が充実している」との判断がされ、サイト自体の評価が高まりやすいというデータもあります。

料金について

初期費用: 無料

月額費用: 完全成果報酬:上限10万円(税別)

【成果報酬の計算方法(税別)】

  Yahoo!モバイル Googleモバイル
1位~5位 1000円/日 1000円/日
6位~10位 600円/日 600円/日
11位~15位 200円/日 200円/日

×5ワード=1ヶ月の成果報酬額


※1…どんなキーワードでも、単価は上記の通りです。 (アダルト関連ワードは除く)
※2…月の合計金額が10万円を超えても、10万円以上はご請求致しません!

  • アダルト関連ワードについては単価・上限額が異なります。
    Yahoo!Googleそれぞれ1-5位:2000円/日 6-10位:1200円/日 11-15位:400円/日
    お支払い上限額:20万円/月
  • どんなワードが良いか分からない等、御不明な点がありましたら、お気軽に御相談下さい。

詳しくはこちら

よくある質問

6ワードを希望した場合、料金はどうなりますか?

1ワード追加ごとに、上限額が+2万円となります。1ワードあたりの単価は同額です。

アダルトワードは可能ですか?

可能です。
但し、料金のテーブルが異なります。
Yahoo!Googleそれぞれ1-5位:2000円/日 6-10位:1200円/日 11-15位:400円/日
お支払い上限額:20万円/月
上記はすべて税別です

4ワードの場合や、Yahoo!のみ、Googleのみを希望することはできますか。

5ワード以上でのお申し込みを必須とさせて頂いております。また、検索エンジンについても両エンジンでのみお受けしております。

詳しくはこちら

ご相談はこちら!

モバイルSEOって?

SEOとは、Yahoo!やGoogle等の検索エンジンで検索結果の上位に表示させるための施策のことです。 SEOは、ユーザーが「欲しい」ときの「検索行動」を的確にとらえユーザーの意思に沿ったサービスを的確に提供でき、今までにはない非常に精度の高いターゲティングを行えます。 ユーザーが検索を行う際に入力するキーワードは、そのユーザーが「今まさに知りたい、欲しい」ものです。 普段は推測することしかできないユーザーの考えが明らかになる瞬間が、キーワードを入力する時であると言えます。 つまり、検索エンジンを利用して自ら欲しいものを探し、 自ら判断してサイトに訪れたユーザーは、貴社サイトに掲載されている情報や商品、サービス等に強く関心のあるユーザーなのです。

また、モバイルサイトはPCサイトに比べれば競合が少なく、値下げ等による販売競争も少ないため利益を得やすいと考えられます。
さらに、通信速度の違いからモバイルサイトはPCサイトほどサクサクと閲覧できないため、最初に見つけたところで申込や購入をするケースも多く、上位に表示されることの意味としてもPCサイトより大きいと言えます。

公式検索エンジンにおいても、公式サイトをクリックされるより、一般サイトの検索結果をクリックされるほうが多い(検索ユーザーの約半数)というデータもあります。
的確なワードで検索結果の上位に表示し、ユーザーを呼び込むための導線を確保しましょう。

PCサイトに比べ価格競争が少ない!

同じ商品なら1円でも安く買いたいというのが消費者心理でしょう。実際にそういった「少しでも安く」を売りにしたサイトもたくさんあります。
しかし、過度な価格競争は利益の確保を難しくしてしまっているのが現状です。
現在のところ、携帯サイトではサイトや商品の数、そもそもの仕組みのところでPCほどの価格競争が起きにくいと考えられるため、商品と利益重視で展開する余地がまだまだ残されているのではないでしょうか。

他のサイトと比較されにくい!

近年、爆発的に利用者が増えている携帯ですが、以前に比べて通信速度が速くなったとはいえ、PCサイトをパソコンで見るようなレベルには到底及びません。
しかし、これをポジティブに考えると、PCサイトの場合色々なサイトで料金を調べて購入するケースが多いですが、通信速度が遅い携帯では他のサイトと比較するのが大変です。
そのように考えると、PCサイトのように他サイトへの移動が少ないと考えられるため、上位に表示させて一度ユーザーがアクセスしてくれれば、高い制約率が見込めると言えるでしょう。

携帯ユーザーのほうが購入金額が高い

ショッピングサイトを利用する場合、1回で購入する金額は携帯ユーザーの方が高いというデータがあります。

PCユーザー

PCユーザー

モバイルユーザー

モバイルユーザー


ご相談はこちら!